FC2ブログ

カリスマトレーダーの石田高聖さんのファンド説明会・・・参加費無料です オンライントレードするなら♪目指そう~快適オンライントレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

このエントリをfc2ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 株式・FXの人気ブログは? BlogRankingへ♪

カリスマトレーダーの石田高聖さんのファンド説明会・・・参加費無料です

有名!現役カリスマトレーダーの説明会が参加費無料です。
ただし、定員30名です。


講師は、なんと石田高聖氏です。高聖さんは株式評論家、 現役プロトレーダーとしてTV、雑誌、講演で活躍中です。パソコンを15台使って、ストップ高になりそうな銘柄を見つけ、どんな地合でも利益を出す「KOSEI式トレード」を確立し、その的中率には定評がある。石田高聖氏のKOSEI式投資法により選定された国内外の企業の株式及びファンドのスーパートレーダーファンド概要説明会を開催します。この機会を是非お見逃しなく!

説明会の詳細は → http://www.tarochang.com/

KOSEIさんの投資法はバリバリの順バリで、デイトレ初心者でスキャルピング投資を卒業したい方にお奨めです。先々は種を大きくしたい方は、基礎から学べる内容だと思います。

例えデイトレでも、板が厚いところがなんらかの売買ポイントになる事を認識しないと、方向性のないスキャルピングになってしまいます。
そのためには、日足は重要ですね!


混雑が予想されますのでご予約はお早めに!
≪定員30名/定員になり次第締め切ります≫


日時: 10月15日(日) 13:30~14:30
■参加費: 無料
■会場:赤坂インターシティー3F
ジェイキャピタルマネージメント大会議室
■主催: JCM シンガポール
■講演者:  http://www.stopdaka.com/  代表 石田高聖


投資手法や、人柄をもっと知りたい方は、石田高聖さんの書籍を参考に・・・


株5分足チャートで1億円稼ぐ KOSEI式デイトレ演習帳―あなたもネット株だけで暮らせる。
石田 高聖

発売日:
おすすめ度 ★★★★☆
売り上げランキング:74795


★★★★★ 2006-09-09 初心者向けの親切な本
本書の演習内容は大きく利益を出す際の手法の紹介です。1~2ティックの価格変動で利益を積み重ねるスカルピングとは違う手法の紹介です。また、デイトレードを始めるためのトレード環境や一通りの株知識を説明してくれている初心者向けの親切な本です。この演習帳は大きく利益を出す際の買い上がり方と売り方、損切りの頃合をシュミレーション形式で繰り返し練習することが出来ます。この手法を知り、実戦経験を積み重ねることでトレード上達の一助となる本だと思います。

★★☆☆☆ 2006-07-05 基礎は大事
基礎的な5分足チャートの読み方は、重要なもので、それを押さえる

ためには読む価値はあると思う。

しかしながら、日経平均や前日比との関係、出来高や板の動きなどに

ついては言及されておらず、KOSEI式だけをそのままやっている

と、間違いなく「損切りラッシュ」になってしまう。

また取り上げられてる5分足チャートは、どれも「理想的な動き」を

したもので、実際相場では、大半の銘柄がそういう動きをしない。

その「理想的な動き」をする銘柄を見つけ出すのが、大変な作業なわ

けで、そのことについての言及も無い。

おそらく次回出版本に、回す内容なのか?

★★★★★ 2006-07-01 良書です
今まで読んだ株の本は後付けの理論で実際の利益に

は繋がらず、物足りない本がほとんどしたが、本物

の売買明細を使っていかに行動すべきかを具体的に

教えてくれるKOSEI式は文字通り良書であると思い

ます。

★☆☆☆☆ 2006-06-21 詐欺的表現
初心者が見ると騙されるサブタイトルが非常に悪質です。

デイトレをこのような本で勉強しようという事自体が間違っている。

実際にデイトレしてみればわかる。

★★★☆☆ 2006-04-28 デイトレードは難しいです
何回か試行錯誤でやってみましたがいい結果は出ませんでした。

私にはデイトレードに向かないのか、それともデイトレードで暮らせるのはごく一部に人なのか、疑問です。

私には腰を落ち着けてやる方法が合っています。





>>もっと詳細を見る









 
石田高聖 & カブタのマンガでトンでもなくわかるネット株 2006年 10月号 [雑誌]


発売日:
売り上げランキング:182442

>>もっと詳細を見る


株セレブ ニートから億万長者になったオレの方法
石田 高聖

発売日:
おすすめ度 ★★★☆☆
売り上げランキング:81155


★★★☆☆ 2006-09-16 ニートから株セレブ
簡単いうと順バリタイプです。

資金の0.5%を稼ぐ事が1日の目標。その手法として信用取引を活用。

銘柄選びは、高値で買って、高値で売れです。



このやり方は高値つかみをするリスクがあるが、ロスカットを徹底的に行う事で、損失は小さく、利益は大きく取ることができます。

精神的コントロールが鍵です。(損切りはなかなかできないのが人である。)



一勝9敗でもトータルでプラスを取っていくという事です。



株式投資で成功する人とは、自分あったスタイルを確立し、ルールを決め実行できる人だと思います。



優待ただとり作戦は、今でも使えるのでしょうか?



★★☆☆☆ 2006-08-31 う~ん
この著者は前から気になっていたし

私が買った時点では良い評価が多かったし

なんとなく「セレブ」というのにつられて

買ってしまった。



読みやすかった。が。。。。。

目新しさなどは無い。

印税目的?初心者をカモにしたいのかしら?

というのが率直な感想。

初心者がいればいるほど大口投資家は儲かると思うし・・

ダメトレーダーの僻みかもしれないが。。

★★☆☆☆ 2006-08-21 微妙~
この著者の著書を読むのは2冊目。

前著「5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法」ではなかなか理解しにくかったこの著者の投資スタイルを知りたくて購入。

前著ではファンダメンタルズをどの程度考慮するのかなどの記述がないのみならず、地合が悪いときはどう取引するのかといったことすら記述がありませんでした。

で、本書を購入したのですが、エッセイみたいな軽いノリといいますか、短時間で思いつくままに急いで書いた内容でした。

役立ち度はかなり低いです。

また、「買うときは厚い売り板にぶつけて買う、売るときは厚い買い板にぶつけて買う」といった記述があり、これは大量の資金を投入して売り買いをするという大口投資家の手法です。このように、われわれ一般の個人投資家にはまったくあてはまらない手法も掲載されていました。



この著者主催のサイトをご覧いただくとわかると思いますが、この著者は最近、個人投資家向けにセミナーを開催してします。

Webマガジンも発刊しており、こちらは入会金や購読料結構します。

どうやら、こういった有料のセミナーやマガジンでないと、この方の手法は詳しくわからないみたいです。

★★★★☆ 2006-07-27 読んで損はなかったと思いました
「株セレブ」というタイトルとサブタイトルから「オレ様オーラ」を強く感じて本を手にするのに抵抗があったのですが、ちょっと中身を見てみるとそれほどではなく、割と初心者を対象にしたわかりやすい内容の本でした。

「KOSEI式」と投資方法のネーミングや成金趣味にならないように気を付けてブランド品を身につけるエピソードなどに苦笑い(貧乏人のひがみです)しながら楽しく読むことが出来ました。

「意外とよかった」と良い意味で裏切られた感がありました。



★★★★☆ 2006-07-05 プチ 株セレブになれるかも?と、期待させてくれる1冊です
一度、株で失敗をされた個人投資家に、ぜひお勧めします。

もちろん、これから株にチャレンジされる初心者でもOKです。



「1回の取引の目標利益をどのくらいに設定するか」

「損切りのラインは、率(%)ではなく、額で決めろ」等など、

株取引を始めるにあたって、はじめに理解しておくとよい項目、

守るべきポイントをスパッと語っています。

また、損をしないことが重要、どのように、リスクを分散させるか?といったノウハウも簡潔でわかりやすいです。



多少、株の知識があれば、誰でも理解ができる内容です。



やはり、実践されている方のアドバイスは、とても貴重ですね。



この値段で、大きな損失を防ぐことができるのであれば、

とてもお買い得だと思います。

(果たして、ここに書かれた貴重なアドバイス通り、実行できれば・・・の話ではありますが)



そうそう、株主優待フリークの方、

ほとんど、ただ同然で権利を得る方法が紹介されていますよ。

これも、初心者にはあまり理解されていない情報だと思いますので、

お勧めいたします。





最後にトレードの15の極意は、株に迷う前に、

ぜひ思い出していただきたい内容です。

>>もっと詳細を見る


5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法
石田 高聖

発売日:
おすすめ度 ★★★★☆
売り上げランキング:69376


★★★★☆ 2006-09-12 トレードの基本を学ぶ
チャート分析による株取引の売買タイミングの基本を学ぶには最適だと思います。様々なチャートパターンを例に、買い時、売り時を解説しており、勝てる、つまるところ利益を出せるようになるのではないかなと錯覚できるほどです。しかし株取引経験者として思いますし、経験した方ならご存知だとは思いますが、現実の株取引というのは、チャート分析の基本を押さえたところで利益を出すのは困難です。筆者のような株取引で億単位の利益を出しているプロフェッショナルなら、チャート分析だけでなく、他の数多くの株価変動要因を捉えているはずです。結局株取引での利益確定へのテクニックというのは、各個人が編み出しそしてそれは日々変化しており、他人には教える事ができない気がします。そういった意味で、本書はそのテクニックの基本動作でしかありません。そうは言っても、やはり基本は大事で本書で基本を学んだ後は各トレーダーが、自身の取引方法に改良を加えていくべきなのだと思います。

★★★★★ 2006-09-03 実際のチャートをもとに解説
完全な順張り型のトレードで自分の今のやり方とは組み入れないところもある。

あとチャートの形って結構主観が入っていて人によって捕らえ方が違うと思う。

でも実際のチャートをベースに練習問題っぽくしているので参考にはなった。

★★★★☆ 2006-04-24 そうですねぇ・・・
難しいな。

いや、内容はわかります。わかりやすいし、トレードのコツなんかも

しっかり書いてあると思いますが・・・。



実際このとおりにいくかなぁ、と考えると難しいですね。

この本に書かれている事柄を実践する前に、銘柄選びのコツを知る必要があると思います。

そのあたりの勉強をして、その上でこの本を活用するのがよいと思います。

★★★☆☆ 2006-04-14 う~ん。初心者には。
具体的に、一番必要な損切りが詳しく書いていないですね。

書いてあっても株が上がったところでの話。

例題のチャートでも、買いのところから下がって

いる部分もある。

やはり、普通の人には無い感覚があるのではないのでしょうか。

★★★★☆ 2006-04-12 わかりやすい本
株式関係の本を20冊ほど読みましたがベスト3に入るだろう。

具体的でわかりやすい手法であることはいいことである。

ただKOSEI氏の手法が普及してみんなで同じことをやりだしたら勝てなくなるのではないかと不安もある。

そのときにはKOSEI氏も進化を遂げているであろうが…。

>>もっと詳細を見る

2006/09/27(水)  | 日記  | トラバ(4)  | コメント(0)

このエントリをfc2ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 株式・FXの人気ブログは? BlogRankingへ♪


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
【トラバURL】http://tradersroom.blog59.fc2.com/tb.php/59-024865bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
両建て両損
株式や外国為替、商品相場で売りポジションと買いポジションを両方建てて、両方で利益を上げようと狙っても、結局は売りも買いも両方とも損してしまうことが多いようです。 相場用語、格言を学ぶ[2006/09/30 00:07]
知ったらしまい
株式、外国為替、商品市場などにおいて、取引の判断材料となる、いい(悪い)情報が流れてきたので、そこからあわてて買って(売って)も、実はそれが天井(底)だったりします。 相場用語、格言を学ぶ[2006/09/30 22:20]
利食い千人力
株式や外国為替、商品相場の取引では評価益(含み益)がいくら多くても、ポジションを決済(解消)して初めて利益が確定します。うっかりすると、今までの利益が損失に変わっているかもしれません。 相場用語、格言を学ぶ[2006/10/02 12:06]
利食い千人力
株式や外国為替、商品相場の取引では評価益(含み益)がいくら多くても、ポジションを決済(解消)して初めて利益が確定します。 外国為替取引、賢者への道[2006/10/02 14:17]
| オンライントレードするなら♪目指そう~快適オンライントレード■TOP |
キャッシング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。